Loading

ニュース

2014.02.05H.I.Sで映画公開記念「インド周遊の旅」ツアー
H.I.S映画タイアップツアー
映画「BUDDHA2」 手塚治虫のブッダー終わりなき旅ー公開記念として
H.I.S.では「BUDDHA」をより楽しんで頂こうと、ブッダ所縁の地へご案内する
旅行を企画致しました。

世界遺産タージマハル観光&合計17回の食事付~
映画公開記念ツアー ブッダの歩いた道をたどる

インド周遊の旅 8日間

¥199,000~292,000 (燃油サーチャージ含む)

【ブッダ所縁の地へご案内致します】
・ブッダが悟りを開いた「ブッダガヤ」観光
・ブッダが初めて説法をした「サルナート」観光
・ブッダ修行の地「ラージギル」観光
・仏教大学の遺跡がある「ナーランダ」観光

【特典】

掲載ツアーにお申込みのお客様に、今なら旅行中の写真を集めたメモリアルフォトブックをプレゼント!

詳しくはこちらへ
HP:http://tour.his-j.com/trip/ciao/voyage/02A_10/TN-NDB0001-BUD/
トップへ
2014.02.04東京アニメセンターでブッダパネル展開催中!
<展示内容>
・映画「ブッダ1」、「ブッダ2」紹介コーナー
・手塚治虫の紹介コーナー
・出演声優陣の紹介コーナー
・製作過程の絵コンテ展示
・制作過程の設定画展示
・等身大のキャラクターパネル展示

期間:~2月9日(日)まで
場所:〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1  秋葉原UDX4F 東京アニメセンター内
時間:11:00~19:00
入場無料
HP:http://animecenter.jp//201401/24134307.php
トップへ
2014.02.04『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ-終わりなき旅-』試写会
特別試写会 舞台挨拶
手塚治虫の不朽の名作のアニメ映画化第2弾となる『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ-終わりなき旅-』の公開を前に2月3日(月)に都内で特別試写会が開催。声優を務める大友龍三郎さん、島本須美さん、小村敏明監督、イメージソングを歌うyu-yuさんが来場し舞台挨拶が行われた。

yu-yuさんはイメージソング「名もなき花のように」を観客の前で披露。1番を日本語歌詞、2番を英語歌詞で歌うスペシャルバージョンでの熱唱となったが、全身から力を振り絞るかのように歌い上げるyu-yuさんの歌声に観客は酔いしれた。楽曲に込めた思いについてyu-yuさんは「誰もが日々、葛藤や迷いを抱えていますが、大地に咲く一輪の花から感じる力強さや勇気を描いています。主人公(=ブッダ)の姿に重ねました」と語り、万雷の拍手に笑顔を見せていた。

一見、どう猛に見えて、実は無垢で優しい心を持つヤタラを演じた大友さんは「台本を読んで涙が止まりませんでした。収録で声が詰まって出なかったらどうしようかと思った」と告白。「監督のおかげで、自分で思っていたよりもよくできました。試写で見終わった時は小さく拍手しました」と手応えを明かす。

島本さんは、奴隷の身分を隠してコーサラ国に王妃として嫁ぐ女性を演じているが「台本をいただいて、ストーリーは既に全部わかってるのに、映画を見て泣いてしまいました。自分が優しくなれる部分と反省させられる部分がありました」と振り返る。

大友さん演じるヤタラと、島本さんが演じる女性が心を通わせていくシーンは本作の見どころのひとつ。2人は一緒にアフレコに臨んだが、元々、所属していた劇団の先輩・後輩という間柄で、島本さんは「大友さんが先輩なのに(役柄上は)母と慕われるんです。すごいでしょ(笑)。このすごい声なのにかわいいんです」とニッコリ。大友さんは「優しくやってくれました」と少し照れくさそうに微笑んだ。

大友さんは「ONE PIECE」のクロコダイル役をはじめ、悪い男の役をオファーされることが多いが「今回、こういう役もできたということで良い役もやりますので(笑)!」とアピール。島本さんは「風の谷のナウシカ」のナウシカ、「ルパン三世 カリオストロの城」のクラリスなど可憐な少女役が印象的だが、「ジャングル大帝」、「ブラックジャック」に「ユニコ」などこれまで数々の手塚治虫のアニメ作品に出演経験があり「思い出です」と懐かしそうに微笑んでいた。

小村監督は2人のベテラン声優を改めて絶賛。「島本さんの役は病気で死にそうな芝居でブレスも長いんですが、台本の通りにこなしていただきました。ヤタラは、朴訥でユーモラスで優しい感じで、大男の素朴な感じを出せる人はなかなかいない」と惜しみない称賛を送る。

手塚作品についても監督は「『火の鳥』や『アドルフに告ぐ』を読んで、悪い奴にも人生があるということを学びました」とその魅力を語り、本作に関して「人間が生きていく上でつきまとう苦しみから、シッダールタがどうやって脱却するか? そこには周りの人々がきっかけとして存在します。どのように悟りを開いていくかじっくりとご覧ください」とこれから映画を鑑賞する観客に向けて呼びかけた。

トップへ
2014.01.29ワールドプレミア舞台挨拶&記者会見

豪華ボイスキャスト&制作スタッフ等が華やかに登場

松山ケンイチ、観世清河寿、小村敏明、吉田玲子、森下孝三、大島ミチル、浜崎あゆみ

ワールドプレミア舞台挨拶&記者会見



ワールドプレミア舞台挨拶&記者会見 ワールドプレミア舞台挨拶&記者会見
1月27日(月)(フランス現地時間)に、映画『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅?』のワールドプレミアが遂に開催されました。ルーブル美術館側のセーヌ川に架かるボンテザール橋に、日本、フランス、アジアのマスコミ、一般人が多く集まる中、松山ケンイチ、観世清河寿、浜崎あゆみ、小村敏明監督、森下孝三エグゼクティブ・プロデューサーが登場。松山は黒のタキシードで、観世は羽織袴で、そして浜崎は白のイブニングドレスで橋の上にひかれたレッドカーペットを歩き、ルーブル美術館を背に、フォトセッションが行われた。その後、ルーブル美術館のオーディトリアムでいよいよワールドプレミアが開始。ワールドプレミアでは、大島ミチル指揮による、オペラ座のトップミュージシャンによるミニコンサートによって幕を開け、能楽観世流二十六世家元・観世清河寿による、能と仏教をテーマとした「はごろも」の仕舞が披露された。
その後に松山ケンイチ、観世清河寿、小村敏明監督、吉田玲子(脚本)、森下孝三エグゼクティブ・プロデューサー、大島ミチル(劇中音楽)、そして浜崎あゆみ(主題歌)が、招待客が待つ会場へ、華々しく登場。世界に向けて、2月8日に公開となる『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅?』の舞台挨拶を行った。プレミアが終了後、フランスでも6星を誇る老舗ホテルムーリスに場所を移動し、記者会見を行い、キャスト、スタッフによって、シッダールタの終わりなき物語が世界へ発信されました。

BUDDHA2 ワールドプレミア

日程:1月27日(月)
●フォトセッション
場所:ポンデザール橋
登壇者:松山ケンイチ、観世清河寿、浜崎あゆみ、小村敏明監督、森下孝三エグゼクティブ・プロデューサー
●舞台挨拶
場所:ルーブル美術館 オーディトリアム
登壇者:松山ケンイチ、観世清河寿、小村敏明、吉田玲子、森下孝三、大島ミチル、浜崎あゆみ

松山ケンイチ:今日はご来場いただきましてありがとうございます。この場に立てて光栄で、幸せに思っています。
歴史あるルーブル美術館で、日本を代表する手塚治虫先生の「ブッダ」を原作にしたこの映画が上映されることに意義があると思います。世界中の人がどのような反応をするのかが楽しみです。

観世清河寿:花の都、芸術の都パリの、このような歴史的にもすばらしいこの場所で仕舞を舞わせていただいたことを光栄に思っております。能は規格があり、その規格内で舞うのですが、初めて規格外の場所で舞いましたので。やりにくい所でやりにくくない様に見せるのがプロだと思い、一生懸命舞わせて頂きました。

小村敏明:ここフランスには、手塚治虫先生のファンが沢山います。その国でワールドプレミアが行われることに意義があると思います。『BUDDHA2』には感動するところがたくさんありますので、是非お楽しみください。

吉田玲子:苦しむ人々を救いたいという青年の物語です。是非シッダールタの心を感じ取って頂ければと思っております。

森下孝三:ここフランスには、手塚治虫先生のファンが沢山います。その国でワールドプレミアが行われることに意義があると思います。『BUDDHA2』には感動するところがたくさんありますので、是非お楽しみください。

大島ミチル:この作品の劇中音楽の最後の仕上げは、実はフランスだったんです。尊敬するエンジニアと一緒に仕上げていったので、劇中音楽は日仏共同で作り上げたものです。是非音楽もお楽しみ頂けると幸いです。

浜崎あゆみ:手塚先生の作品に携われることを光栄に思っています。皆さんのご期待にこたえていたらと思っています。恋人だけではなく、友人や家族の愛という大きなテーマで作詞しました。


上映終了後は、スタンディング・オベイションが起こり、この会場にいた招待客からは、「松山さんがやったタッタが素晴らしかった。」「やっぱり手塚治虫の作品はやっぱりすごい」という鑑賞者からの声も伺うことが出きた。
●記者会見
場所:ホテルムーリス チュイルリー
登壇者:松山ケンイチ、観世清河寿、小村敏明、吉田玲子、森下孝三、大島ミチル

松山ケンイチ:タッタというキャラクターは、この「ブッダ」の中で一番好きなキャラクターだったんですけれども、その役をやらせていただけたことはすごく光栄に思います。手塚先生が生み出す作品は、本当に大事なことを教えてくれる作品だと思います。今回「ブッダ2」ができるということで、大人になったタッタが出てくるということを大分前に知りましたので、ずっと「お願いします」とキャスティングの人に頼み込んでいました。人間味のあるタッタを演じられて光栄でした。

観世清河寿:私にとってはちょっと専門外でございますが、前作に続きましてスッドーダナ王を演じさせていただきました。私どもの能楽の世界にも通じます、手塚先生の作品の世界、人間の普遍的な生と死の美しい物語を最後までお楽しみ下さい。前作は私が登場する部分も多くございまして、森下先生に大分お稽古を付けて頂きましたが、今回は2、3か所で、パートパートで言葉が少なかったので受けさせて頂いたというのが本当の気持ちです(笑)。

小村敏明:映画の言わんとしていることは、是非映画を見ていただければと思っています。松山さんは。こちらがコンセプトを伝えると、毎回、違った表現を見せてくれるんです。とても、引き出しの多い方だなと思いましたし、映画をご覧になった方が、松山さんの声に気づかないぐらいタッタになりきってくださいました。声優としても素晴らしいです。

吉田玲子:今回は悟りを開くまでのお話になります。シッダールタは、自分自身以外の人々が抱える苦しみから救うすべを求めて旅を続けます。そのシッダールタの人を愛する思いをぜひ感じ取ってください。

森下孝三:第2作目を映像化する際に、シッダールタが苦しみながらも人々の苦しみを救いたいという願いを抱え旅をする話なので、声優を決める際に、脚本の吉田さんと何度も話し、原作を好きだという人を集めようということを第1条件に選びました。今回参加していただいた方は、原作が大好きということで参加していただき、素晴らしい作品になったと思います。
フランスというこの地から幕を開ける、世界も注目するシッダールタの終わりなき旅に是非ご期待ください。
トップへ
2014.01.28フランスで原画初公開!!漫画の神様:手塚展 特別内覧会
手塚展 特別内覧会
映画『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅?』の公開を目前に控え、フランス ルーブル美術館でワールドプレミアが開催されるのを機に、東映株式会社と手塚プロダクション共催で、漫画の父といわれている手塚治虫の原画を紹介する「漫画の神様:手塚展」が1月29日(水)から2月28日(金)まで、パリのギャラリー バルビエ&マトン(www.barbiermathon.com )で開催致します。フランスで初めて手塚治虫の作品を紹介する作品展では、ブッダ、鉄腕アトム、ブラックジャック、ジャングル大帝、火の鳥、リボンの騎士、ボンバ、ムウ、きりひと讃歌、人間昆虫記といった彼の最も著名な漫画シリーズの中の作品の原画を50点以上展示いたします。1月29日からのオープンを前に、マスコミへの内覧会を開催し、松谷孝征 手塚プロダクション社長、小村敏明監督、森下孝三エグゼクティブプロデューサーが出席いたしました。

出席者コメント
松谷孝征:これまでにアメリカ、オーストラリアなどの世界各国で手塚治虫の原画展など多く開催してきましたが、漫画に寛容で手塚治虫の作品を愛する方々が多いパリで、初めて開催できることを嬉しく思っております。手塚が描いた「ブッダ」を原作とする映画が、フランスのルーブル美術館で上映されるのは非常に光栄ですし、もしこの場に手塚がまだ生きていたら、すごくはしゃいでいただろうなと思います。

小村敏明:今回このような原画展が開催されたのも、手塚先生の作品がフランスの皆さんに受け入れられているからだと思います。ブッダのように中々入りづらい作品でも、ドラマチックなストーリーにフランスの皆さんも共感するんだなと思い、手塚先生の功績を再確認できると思いました。

森下孝三:手塚先生が生み出す作品は、制約がないんです。またアニメーションにも制約はなくクリエイターが自由に制作できるのは、やはり手塚先生がいたからこそだと思います。世界でも日本のアニメーション作品は独特で、原を基に映像化されることが多いです。日本のアニメーションは手塚治虫、鳥山明、尾田栄一郎などの素晴らしい原作者がキャラクターを作り、我々制作する側が素晴らしい原作をどう映像化するかをどうするかをもっと考えなければと思っています。

ギャラリーオーナー(ジャン・バティスト・バルビエ&アントワン・マトン):漫画の神様であり、フランスでも人気のある手塚治虫氏の原画展を開催出来て光栄に思っております。私達も若い頃から手塚さんの作品を読んできているので、他の漫画よりも大人から子供まで分け隔てなく刺激を与えてくれるストーリーや、その話にあう柔らかいタッチの絵に魅了されてきました。30年前ぐらいからまだ漫画が今のようにそこまで受け入れられて居ない頃より手塚先生の作品は、多くの方に読まれていました。その人々を魅了する文化的ショックが徐々に受け入れられて、フランスの漫画文化に大きく影響したことは間違いないと思います。今回の原画展を開催することになり、フランスでも権威あるLe Monde(ル・モンド)や世界でも上位に入る規模の国営放送TV5の取材も先日行われました。ネットでも嬉しい反応が多くきており、人気のある手塚先生の個展が今まで行われなかったことが不思議なぐらいですが、今回開催することが出きて非常に嬉しく思っています。
トップへ
2014.01.24「ミルフォトブック」×「BUDDHA2」期間限定フレーム!
ミルフォトブック
自動コラージュアプリ「ミルフォトブック」で「BUDDHA2」フレームが期間限定コラボ!

スマートフォン内に保存してある写真を自動でコラージュするアプリで、
コラージュする写真の枚数でデザインやシーンが変化します。
あなたの撮った写真をブッダ2の世界観にしてみるのも面白そうです。

詳しくは、こちら
トップへ
2014.01.22企画色々!キャンペーン
企画色々!キャンペーン
既にニュースでご紹介している以外にも
映画ブッダ2とのコラボキャンペーンが続々始まっています!

☆松屋 「美味しさを悟る!!映画「ブッダ2」公開記念キャンペーン」
●賞品:映画「BUDDHA2」劇場鑑賞券/食事券

☆ビバリー 「ビバリーマスターシリーズ×ブッダ2プレゼントキャンペーン」
●賞品:映画「BUDDHA2」劇場鑑賞券

☆イスム 「映画「ブッダ2」応援キャンペーン」
●賞品:映画「BUDDHA2」劇場鑑賞券/非売品プレス配布資料/コミック「ブッ ダ」全巻セット

☆てもみん 「癒やしのコラボキャンペーン」
●賞品:映画「BUDDHA2」劇場鑑賞券/非売品プレス配布資料

☆スタジオヨギー 「映画「BUDDHA2」公開記念キャンペーン」
●賞品:映画「BUDDHA2」劇場鑑賞券

詳しくは、こちら

興味のある方は、お早目にチェックしてください!
トップへ
2014.01.15ビバリーマスターシリーズ×映画「ブッダ2」キャンペーン実施中!
ビバリーマスターシリーズ×映画「ブッダ2」キャンペーン
ジグソーパズル・立体パズル・ゲームなどを展開する株式会社ビバリーと 映画「ブッダ2」のコラボキャンペーンが実施中です。

古代インドのボードゲームの一種「チャトランガ」はチェスの起源と考えられており、 そのチェスをわかりやすく楽しめるビバリーマスターチェスとのタイアップキャンペーンが実現しました。
キャンペーン期間は、2014/1/31(金)まで。
詳しくは、下記キャンペーンサイトをご覧ください。
http://www.be-en.co.jp/user_data/cmp_buddha2.php
トップへ
2014.01.11完成披露会見・舞台挨拶報告
完成披露舞台挨拶
吉永小百合、松山ケンイチ、観世清河寿(能楽観世流二十六世家元)、大和田伸也、吉岡秀隆登壇の完成披露会見・舞台挨拶のご報告です。

先日のニュースでお伝えした通り、1/10豪華キャスト・スタッフで送る本作の完成を記念し、完成披露試写会と舞台挨拶、それに先立ち記者会見が行われました。
吉永小百合、松山ケンイチ、観世清河寿、大和田伸也、吉岡秀隆といった錚々たる役者陣や、さらに映画の劇中音楽のスペシャルバージョンを藤原道山が演奏するパフォーマンス、本作の小村敏明監督、森下孝三グゼクティブプロデューサーが登壇し、それぞれの役へ対する想いや現場でのエピソード、作品に賭ける熱い想いを語りました。

また舞台挨拶はニコ生、USTREAMでも生中継され、当日お越し頂いたお客様だけではなく、会場に来れなかった全国のお客様にもお楽しみ頂けたと思います。

キャスト・スタッフのコメントをご紹介します。

吉永小百合(マーヤ―天):
ブッダ1が完成して完成披露試写会が行わたのは、あの大震災のすぐ後でした。みんなつらい思いを持ってその時生きていたと思います。私の役も堺雅人さん扮する奴隷のチャプラと共に死んでしまう哀しい役でした。ですからブッダ2が出来るとしても、もう私の出演はないと思っていたんですけれども、今回はシッダールタのお母さんの役で、天上からいつも温かく、シッダールタを励ますという役をやらせていただきました。吉岡さんととても素敵なひと時をアフレコで過ごすことができて大変嬉しく思っております。画面に見入っていますと吉岡さんとシッダールタがすごく重なって見えるぐらいにぴったりで、アフレコやっている時には吉岡さんの声を聞いて、私自身が心を洗われる気がしました。中々アフレコだけでこんな思いになることは少ないので、ご一緒にアフレコができて良かったと思いました。マーヤ―天の声を入れるのは難しかったのですが、吉岡さんとご一緒にアフレコもできましたし、優しさや温かさを出したいと思って演じました。この作品に参加させていただき良かったですし、実写の撮影でも中々お目にかかれない素晴らしいキャストのみなさんとご一緒出来たのは、手塚治虫さんが天から私たちに声をかけて下さった気がしていてとても嬉しいですし、この手塚さんの思いを沢山の方に見て頂いて、わかっていただきたいと思っています。吉岡さんとご一緒出来て、かわいい息子です。ちょっと早いのですが、今日は「ブッダ2」の完成披露試写会ですが、「ブッダ3」ができることになりましたら、松山ケンイチさんのお母さん役をやらせていただきたいと思っております。

松山ケンイチ(タッタ役):
タッタというキャラクターは、この「ブッダ」の中で一番好きなキャラクターだったんですけれども、その役をやらせていただけたことはすごく光栄に思います。作品自体が素晴らしく、1も素晴らしかったんですけれども、この2はとっても大事なことを教えてくれる作品になっていると思います。動物に魂を乗り移らせることができる特殊な能力を持ったタッタが、大人になると特殊な能力がなくなって、ブッダと生活を共にしていくうちに、また少し動物的な感覚を少し取り戻していくのですが、結果的に最後は人間の世界の中で命を終えてしまうという、とても悲しくも、純粋がゆえに哀しい死を迎えてしまいます。どのキャラクターも苦しみ、もがきながら生きていますが、その中でもタッタはこの中で一番すごい生き方をした、すごく翻弄された人間だなと思ってすごく心に残っています。そういうキャラクターをすごく演じてみたいなと「ブッダ」を読んだ時から思っていましたので、今回「ブッダ2」ができるということで、大人になったタッタが出てくるということを大分前に知りましたので、ずっと「お願いします」とキャスティングの人に頼み込んでいました。気持ちもモチベーションもありましたし、テンションも高かったのですが、そういえば声優の仕事をほとんどやったことがなかったなとうっかり忘れていたんですが、今回はやりたい気持ちだけでやらせてもらった感じです。いい作品って自分が出演している分を忘れてしまうのですが、今回も忘れて1つの作品として見れました。吉永さんがおっしゃったように新成人の方々、若い方に見て頂くことって、すごく意義のあることで、意義のある作品になっているなと思いました。

観世清河寿(スッドーダナ王):
私にとってはちょっと専門外でございますが、前作に続きましてスッドーダナ王を演じさせていただきました。私どもの能楽の世界にも通じます、手塚先生の作品の世界、人間の普遍的な生と死の美しい物語を最後までお楽しみ下さい。前作は私が登場する部分も多くございまして、森下先生に大分お稽古を付けて頂きましたが、今回は2、3か所で、パートパートで言葉が少なかったので受けさせて頂いたというのが、偽りのない持ちです。能楽の世界と全く違いますけれども、やはりチャレンジするっていうことは必要だなぁと思って舞台の良い部分に取り入れていければなぁと思っております。人間の普遍的な生と死の美しい物語と同時に、私ども現代人が忘れかけている素朴な人を思いやる気持ちと言うのでしょうか優しさと言うのでしょうか、先祖の世阿弥も非常に優しさを能学の作品の中で説いていますので、みなさんに優しさを感じていただければと思っております。

大和田伸也(ビンビサーラ王):
アニメの声は、「ライオンキング」のキングムファサーや「鉄腕アトム」の天馬博士以来で、3回目なのですけれども、今回私の大好きな、しかも初版本が出た時に全巻取り揃えて、家にずっと愛蔵している作品に出られるということと、吉永さんとご一緒できとても嬉しかったです。30年後に分の息子に殺されるということで、この30年の間をどうやって生きていけばいいかを悩む王様の役です。私も2人の息子がいますので今後どうなるか心配で、ブッダに教えを請いたいと思っております。吉岡さんよろしくお願い致します。人間ってエンドがわかっちゃうと人間って悩むんだなぁと、たとえ王でも悩むんだなと気付きましたし、この作品の全てが手塚治虫先生の生きとし生けるもの、植物であっても動物であっても人間であっても、全てどう生きてどう果てていくかという生き物の根源を描いている作品だと思いますので、その中でちっぽけな人間ですけれども一緒に悩むという気持ちは分かりました。

吉岡秀隆(シッダールタ):
前回はシッダールタで、今回はシッダールタからブッダへということで、悟りを開いたひとの声など聞いたことがないのでとうしたものかと思っていたのですけれど、隣にいらっしゃるマーヤ―天を演じた吉永さんがずっと隣にいて下さったので、何とかマーヤ―天がいるんだと思って何とか出来た気がしています。この作品は、本当に人はなぜ生まれ生き死んでいくのかという普遍的なテーマがある気がしています。「ブッダ1」では悩みにある人はなぜ生まれ死んでいくのか、「ブッダ2」は色々な人との出会いによって最後は悟りを開きます。この作品の中にで「私も悩んでいるんです」というブッダの言葉があります。かつて手塚先生の作品を読んで救われた人たちにもう一度見て頂いて、明日頑張ってみようかなと思える作品になっているとおもいますので、1人でも多くの方に見てもらいたいと思っています。2人でブースに入って、吉永さんはマーヤ―天を演じていて、隣で「ブッダ死んではいけません」と言われると、「生きねば」という気持ちにものすごくなりました。小百合さんのすごいオーラを受けまして、最後に悟りを開いたブッダになれました。とてもありがたかったです。


小村:
前作に引き続き、パート2は前回出家を決意したシッダールタがいかにして悟りを開くかを表現しています。前作の監督に引き続いて、僕がやるというのはすごく非常にプレッシャーだったんですけれども、現場スタッフが支えてくれて今日にこぎつけることが出来ました。シッダールタがいかにして悟りを開いていったのか、周りのキャラクターの全ての人が主役と言っても過言ではないぐらいのバックグラウンドを持ったキャラクター達です。じっくりご覧になっていただければと思います。

藤原:
前作に引き続きまして今回もこの作品に携われたこと本当にうれしく思っております。私も非常に大好きな作品で、小さいころに全部読ませていただきましたけれども、自分自身、非常に影響を受けた作品だったと思います。音色は色々なシーンで流れてくると思いますので、是非音楽にも耳を傾けていただければと思っております。1作目でもそうでしたけれども尺八も仏教と深いつながりがありますので、その中で自分がどう表現するのかと悩みどころでもありましたけれども、今回は映像と物語の中でもどういうストーリーかということで、その心情にどう入っていくかを主眼に演奏させていただきました。自分にも計り知れない感情というものが多分表現されているのではと、自分の中でどれぐらいの表現ができるかと考えまして演奏させていただきました。

森下孝三:
『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ―終わりなき旅―』の完成披露の日を迎えることができました。私は、この一年間で春には『ドラゴンボール神と神』、秋には『キャプテンハーロック』、そしてこの冬には『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ―終わりなき旅―』と監督からのプロデューサーに変わり、世界に向けて日本のアニメーションを発信したいということで、今回小村監督に監督をお願いし、私はプロデューサーとして本作を世界の人々に見てもらうことに専念したいと思っております。この完成披露試写会で観られるみなさんは一番最初にこの作品を観られるわけです。いつも完成披露の際には、みなさんの上映を観終わった後どんな感想を持つかなといつも楽しみでございます。もし気に入っていただけましたら、お近くの人にお進めいただけると嬉しいです。

トップへ
2014.01.10TOKYO MXテレビで、「BUDDHA2」特番放送!
TOKYO MXテレビ
1月13日の祝日に、TOKYO MXテレビで「BUDDHA2 公開直前スペシャル」と題した特番が放送されます!

番組ナビゲーターはピーターバラカン氏。 ダライラマ14世とピーターバラカン氏の対談を軸に前作と最新作のダイジェスト映像。そして、アフレコ風景などのメイキング映像やボイスキャストのインタビューをシンクロさせて作品の魅力に迫る30分番組です。

また、特番に先立ち、2011年に上映された前作「手塚治虫のブッダ~赤い砂漠よ美しく~」が地上波初放送されます!
いよいよ劇場公開まで1か月。是非ご覧ください!

■TOKYO MXテレビHP
http://s.mxtv.jp/

■放送日程
2014/1/13(月・祝)

■放送時間
「手塚治虫のブッダ~赤い砂漠よ美しく~」 18:30~20:30
「BUDDHA2 公開直前スペシャル」 20:30~21:00

■特番情報
☆ナビゲーター:
ピーター・バラカン、yu-yu

☆出演(インタビュー):
ダライ・ラマ14世
松山ケンイチ、真木よう子、吉岡秀隆
森下孝三プロデューサー

トップへ
2014.01.09完成披露舞台挨拶の生配信中継が決定!
完成披露舞台挨拶
1月10日(金)18:30より開始される、
吉永小百合、松山ケンイチ、観世清和、大和田伸也、吉岡秀隆など
超豪華キャストが登壇する完成披露試写会舞台挨拶の生中継が、
ニコニコ生放送 」「Ustreamで配信決定!!

登壇者は吉永小百合、松山ケンイチ、観世清和(能楽観世流二十六世家元)、大和田伸也、吉岡秀隆、小村敏明(監督)、藤原道山(尺八演奏)、森下孝三(エグゼクティブ・プロデューサー)が登壇予定。
是非生中継で舞台挨拶の模様をご覧ください。
詳しくは、下記配信サイトの情報をご覧ください!

【日程】2014/1/10(金) 18:30-19:00
【生中継配信サイト】
ニコニコ生放送
Ustream

トップへ
2013.12.2612月28日~限定特典付前売鑑賞券発売開始!
手塚キャラ クリアファイル
12月28日より限定特典【手塚キャラ クリアファイル】付前売鑑賞券が発売になります!

価格:一般1,300円
ご購入は下記HPへ!
major

※特典の数には限りがございます。先着となりますので予めご了承ください。
※劇場窓口では【キャラボイス付ポストカード】or【手塚キャラカレンダーポスター】付前売鑑賞券が販売中です。
【手塚キャラクリアファイル】は劇場窓口ではお買い求めいただけませんのでご注意ください。
トップへ
2013.12.25浜崎あゆみ ワールドプレミア参加決定!
浜崎あゆみ
浜崎あゆみ フランス・ルーブル美術館で開催する アニメ映画『BUDDHA2』ワールドプレミアへ参加決定

自らの作詞によって多くの人々の圧倒的な支持と共感を獲得し続け、今もトップアーティストとして走り続ける浜崎あゆみ。原作「ブッダ」と映画の台本を読んで作詞された「Pray」は、まだみぬ何かを追い求める求道者として、終わりなき旅を続けるシッダールタの抱える苦しみや悲しみ、そして人々の幸せを願った愛を歌い上げ、本編に壮大さと力強さを与えています。浜崎本人は、「原作全巻と台本を読ませて頂いてから作詞をしました。その独特の世界観に惹き込まれ、一気に最後まで読み切り、私なりの歌で表現しました。」 とコメント。浜崎自身が原作から感じ取った普遍的な愛を歌詞に込め、作品の世界観を歌い上げています。
今回のフランス・ルーブル美術館で行われるワールドプレミアで上映する本編の映像と主題歌は、現地メディアだけではなく、アジアを中心とするマスコミに日本以外で初のお披露目する機会になり、浜崎は、松山、観世と共に出席し、主題歌を通して本作を世界にPRする予定である。手塚治虫が10年の歳月をかけ描き伝えたかった命の物語を元に製作された、世界が注目する映像と浜崎が作詞した「Pray」が見事にリンクし完成した本作―後にブッダとなるシッダールタの物語『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』にご期待下さい!

English
トップへ
2013.12.24声優キャスト・アフレコ映像&インタビュー第3弾!
第3弾は、ミゲーラ役の水樹奈々さんのアフレコメイキング、ブブ大臣の楠見尚己さんインタビュー、そしてたくさんのキャストによるアニメーションには必要なガヤ撮りを公開します。
1作目からの出演の水樹奈々さんは、今回もミゲーラを熱演してくれています。本番の収録現場を体感してください。

いよいよ、年が明ければブッダ2がもうすぐ!
是非お楽しみにお待ち下さい。

※映像は、映像・キャストページでご覧いただけます。
2013.12.19フランスルーブル美術で館開催のワールドプレミア参加者決定!
ワールドプレミア イメージ
松山ケンイチ、能楽観世流二十六世家元観世清和、吉田玲子、大島ミチル
『BUDDHA2』フランスルーブル美術館で開催のワールドプレミアへ参加決定


原作ファンで、タッタ役を熱望し射止めた日本を代表する若手俳優・松山ケンイチ、現代の能楽界を牽引し、国内はもとより、海外公演にも積極的に参加している観世流の二十六世宗家・観世清和、『映画 けいおん!』など多くの作品の脚本を手掛け、本作の脚本を担当した吉田玲子、本作の監督を務めた小村敏明、第1作目の監督を担当し本作のエグゼクティブプロデューサーの森下孝三、日本を代表する作曲家で前作に引き続き本作の劇中音楽を担当した大島ミチルが出席します。
本作は公開前だが日本の地を飛び立ちフランスへ。現地メディアだけではなく、アジアを中心とするマスコミを招待し、ルーブル美術館内で世界初となる新作映画の上映会とキャスト、スタッフによる舞台挨拶を世界に向けて行います。
全世界が注目する後にブッダとなるシッダールタの物語の第2弾『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』。フランスの地から全世界に向けて幕を開ける、シッダールタの終わりなき旅にご期待下さい!

English
トップへ
2013.12.19声優キャスト・アフレコ映像&インタビュー第2弾!
アッサジ役の沢城みゆきさん、ヤショーダラ妃役のかかずゆみさん、ヤタラ役の大友龍三郎のアフレコ収録時映像とインタビューを公開!
前売特典の予言ボイスも盛りだくさんで沢城さんの声が聴けます。

次回更新は12/24(火)に更新予定!

※映像は、映像・キャストページでご覧いただけます。
2013.12.18ボンカレーゴールドを食べて、映画『BUDDHA2』を観にいこう!!
ボンカレーゴールドを食べて、映画を観にいこう!!
対象商品を2個お買い上げの方から抽選で300組600名様に映画チケットをプレゼント!

【応募方法】対象商品お買い上げのレシートで、対象商品2個につき1口としてご応募いただけます。

<ハガキでの応募>
上記条件のレシートを、店内備え付けの専用応募ハガキ、または郵便ハガキにしっかりと貼り、①住所②電話番号③氏名④お買い上げ店名(例)○○スーパー○○店)⑤応募口数をご記入の上、下記宛先までご応募下さい。

宛先:〒105 8799 日本郵便 芝郵便局留
「ボンカレーゴールド BUDDHA」映画チケットプレゼントキャンペーン事務局宛

<スマートフォンでの応募>
  1. 下記URLから「パルなび応募アプリ」をダウンロード
    http://www.palnavi.com/palnavienter/index.html
  2. ログイン後、アプリ内のキャンペーン一覧から“「ボンカレーゴールドBUDDHA2」映画チケットプレゼント”を選択
  3. アプリよりカメラが起動いたしますので、上記条件のレシートを撮影してご応募下さい。
    ※お買い上げ企業名、お買い上げ店名、購入日、対象商品の購入金額が分かるように撮影してください。
  4. 画面の入力欄の①ご応募口数②お買い上げ企業名③お買い上げ店名をご入力の上、ご応募ください。

【対象商品】ボンカレーゴールド[甘口][中辛][辛口][冬限定ホワイトカレー]
【対象期間】12月27日まで ※応募は1月3日まで(当日消印有効)
※スマートフォンからは同日23:59まで

応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!
【実施店舗】マルエツ、ライフ、東急、イオン、ピーコック、OK、オリンピックの各店舗
※一部実施していない店舗もあります。
【当選発表】厳正なる抽選の上、発送をもってかえさせていただきます。
【お問い合わせ先】
「ボンカレーゴールド BUDDHA2」映画チケットプレゼントキャンペーン事務局
フリーダイヤル0120-674-899 開設期間:2013年12月2日~2014年1月31日(金)
※土日祝、年末年始(12月28日~1月5日)を除く 10:00~17:00
トップへ
2013.12.16声優キャスト・アフレコ映像&インタビュー第1弾!
デーパ役の藤原啓治さん、パジャーパティ役の東條加那子さん、ルリ王子の母役の島本須美さんのアフレコ収録時映像とインタビューを公開!
渋い声の藤原さん。前売特典ではたくさんのバリエーションで苦行を語っています。
その一端をご覧ください。

次回更新は12/19(木)に更新予定!

※映像は、映像・キャストページでご覧いただけます。
2013.12.09キャラクターボイス&浜崎あゆみ主題歌解禁の予告編完成!!
予告編イメージ

キャラクターボイス&浜崎あゆみ主題歌『Pray』解禁!!
『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』予告編が完成!!


吉永小百合をはじめとする豪華俳優陣、声優陣がボイスキャストとして参加することや、浜崎あゆみが主題歌を担当する情報は既に解禁されていたが、予告編の完成と共に、吉永小百合(マーヤ―天)、松山ケンイチ(タッタ)、真木よう子(ルリ王子)、水樹奈々(ミゲーラ)、そして吉岡秀隆(シッダールタ)ら豪華ボイスキャストが競演しキャラクターに命を吹き込んだ声と、浜崎あゆみが原作、台本を読みインスパイアされ作詞した主題歌「Pray」が解禁。人々の幸せを願いながらも、容赦なく繰り返される苦しみと死にもがき苦しむシッダールタの心情と、浜崎が作詞した愛する人の幸せを祈った歌詞が見事なまでにリンクし、作品を大いに盛り上げている。
本作は、シャカ国の王子として生まれたシッダールタが、人々の苦しみと死に心を痛める青年に成長し、何不自由ない恵まれた王子の身分を捨て旅を続ける中で、彼に多大なる影響を与える生と死のドラマが壮大なスケールで描かれている。後に目覚めた人ブッダになる若き日のシッダールタは、何を夢見て、葛藤し、その先に何を見つけたのか――、魂を揺さぶる本作の映像の一部をお楽しみください。
2013.12.09舞台挨拶つき試写会へ50名様ご招待!!
試写会イメージ

超豪華俳優&声優陣が贈るシッダールタの終わりなき物語がいよいよ完成。
2月8日(土)の公開に先立ちまして、舞台挨拶つき試写会へ50名様をご招待!!


日時:2014年1月10日(金)18:00開場 18:30開演予定(上映時間:約85分)
場所:丸の内TOEI(中央区銀座3-2-17)
登壇者:吉永小百合、吉岡秀隆ほか
*当日はキャスト登壇の舞台挨拶を予定しておりますが、変更になる可能性もございます。

【ご応募方法】
  • 住所、氏名、年齢、ご連絡先(電話番号orメール)を明記の上下記住所へ葉書でのご送付、もしくは公式facebook(https://www.facebook.com/buddha2014 )へダイレクトメッセージをお送りください。
  • ご当選人数は、1名もしくは2名様お選びいただけます。来場希望人数を明記して応募下さい。

【お葉書での送付先】
104-8108 東京都中央区銀座3-2-17東映株式会社 映画宣伝部  『BUDDHA2』試写会係

【応募期間】
葉書:12月9日(月)~12月20日(金)必着
Facebook:12月9日(月)~12月20日(金)23:59


応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!

【当選のお知らせ】
  • 抽選後、ご連絡を頂いた方へご出席とご来場人数を確認させていただきます。
  • ご確認後試写状をお送りさせていただきます。
トップへ
2013.12.06スペシャル特典付き前売り鑑賞券発売決定!!
特典イメージ

選べるスペシャル特典付き前売り鑑賞券 12月7日(土)より発売決定!!
今週末の12月7日(土)より、いよいよ全国の上映劇場(一部劇場を除く)にて特典付前売り鑑賞券の発売を開始します!前売り特典は沢城みゆき演じるアッサジの<予言ボイス>と藤原啓治演じるデーパの<苦行ボイス>が聞けるキャラボイス付ポストカードか、手塚キャラクターが袈裟を着て本作のポスターを取り囲んでいるデザインのカレンダーの2種類。いづれか1つを特典として上映劇場にて購入の方に先着でプレゼント致します!

『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ―終わりなき旅―』特典付き前売り券

特典:キャラボイス付ポストカード、手塚キャラカレンダーポスターのいづれか1つをお選びいただけます。
発売日:12月7日(土)
販売場所:上映劇場 (一部劇場を除く)
前売り料金:1,300円

【劇場情報】
http://theaters.toei.co.jp/TheaterList/?PROCID=02390

※数に限りがございます。あらかじめご了承ください。
※特典のデザインは実物と異なる場合がございます。
※キャラボイスストリーミングに関しましては、 PCと一部スマホで対応、ガラケーは原則NG、スマホも一部非対応機種がございます。 予めご了承くださいませ。

キャラボイスのスペシャルサイトへはこちら
トップへ
2013.12.02ルーブル美術館・オーディトリアム内で世界初の上映決定!!
ワールドプレミア イメージ
アニメ大国フランスにてワールド・プレミア開催

『鉄腕アトム』や『ブラック・ジャック』など数々の名作を遺す漫画の巨匠・手塚治虫。彼が10年の歳月を掛けて描き伝えたかった、人間の生と死の一大叙事詩「ブッダ」を基に製作された、3部作の第2弾『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』。
前作同様、合戦のアクションや自然のスペクタクルをアニメーションならではの迫力で描き上げ、また人間ドラマや内面の苦悩をも描かれている。世界最高水準の技術力と 表現力が注がれたアニメーションに、吉永小百合をはじめとする豪華俳優陣、声優陣がボイスキャストとして参加。物語に命を吹き込み完成した本作は、いよいよ2月8日(土)より公開する。
本作の日本公開を前に、ヨーロッパ随一のアニメ大国・フランスの世界最大級の美術館で、世界最大級の史跡のひとつでもあるルーブル美術館・オーディトリアム内でワールドプレミアを開催することが決定!!美術館内で記者会見や旧作の上映などが行われるという前例はあったが、新作映画の上映は世界初の快挙。ワールドプレミアではキャスト、スタッフが赴き、本作のPRを行う予定である。全世界が注目する後にブッダとなるシッダールタの物語の第2弾『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』。フランスの地から全世界に向けて幕を開ける、シッダールタの終わりなき旅にご期待下さい!
トップへ
2013.11.08追加キャストに大和田伸也・田口浩正が決定!
既に発表されている俳優・声優の豪華キャストに加え、本作のボイスキャストに新たに大和田伸也、田口浩正の参加が決定!大和田は、沢城演じるアッサジに、30年後に息子に殺されると予言されるマガダ国の若きビンビサーラ王を、田口は真木演じるルリ王子の父でコ―サラ国のパセ―ナディ王を演じ、作品に力強さを与えてくれている。大和田、田口の出演の決定と共に、主要キャストの演じるキャラクターが入ったポスターも完成。超豪華俳優キャスト、声優キャスト、スタッフが贈る、後にブッダ―目覚めた人となるシッダールタの終わりなき冒険の物語にご期待下さい。

大和田伸也(ビンビサーラ王)

収録中は自分の目の前にシッダールタがいるような気がして、気持ちをストレートに出せたのではないかと思います。息子に殺されると予言されてしまう国王の役でしたが、苦悩はしつつも、大きな心を無くさない威厳のある男を演じたつもりです。人間が生きるとはどんなことかということが見事に描かれた作品だと思いますので、この映画を観て自分がこれからどうやって生きようかということを考えながらご覧になっていただきたいです。

田口浩正(パセーナディ王)

僕が演じたパセーナディ王は短いシーンだったのですが、演じるのはとても難しかったです。奴隷でありながら偽りの身分を与えられた王妃と、それゆえに自分の出生に悩む息子・ルリ王子の間で思い悩む父親という部分を意識しました。この作品はいろいろな意味で若者に見ていただきたいですし、世界に通用する内容になっていると思います。手塚治虫さんの作品でもありますし、僕自身も緊張して演じさせていただきました。
トップへ
2013.10.30声優キャスト陣が決定!
既に発表済みの豪華俳優キャストに加え、周りを固める声優キャスト陣が決定!

アッサジ役に沢城みゆき(『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』鈴原サクラ役)、 デーパ役に藤原啓治(「HUNTER×HUNTER」レオリオ役)、 ルリ王子の母の役に島 本須美(「風の谷のナウシカ」ナウシカ役)、ヤタラ役に大友龍三郎(ドラゴン ボールZ神と神)牛魔王役))、ヤショーダラ妃 にかかずゆみ(「ドラえもん」 シリーズ源静香役)、ブブ大臣役に楠見尚己(「劇場版イナズマイレブンGO vs ダンボール戦機W」クロスワード・アルノ役、パジャーパティ妃に東條加那子 (「NARUTO-ナルト-疾風伝」香憐役)とこちらも超豪華声優陣の参加が決 定!

収録直後のキャスト陣よりコメントも到着!

沢城みゆき(アッサジ)

シッダールタにターニングポイントを与えるアッサジを演じました。原作よりもわりと能動的なキャラクターになっています。監督から子供の無邪気さや可愛さがアッサジを通して出してほしいということと、博愛的にやさしいというわけではなく1つ大きな意志をもっている感じを出して欲しいと言われましたのでその2点を大事に演じました。本当に大きな意志のある作品です。是非映像でも触れていただけたらと思っていますので劇場に足を運んでいただけたらこれ以上のことはありません。

藤原啓治(デーパ)

デーパは感情を外に出さないというか、淡々としているが、秘めた熱い思いがある修行僧なので、そこは意識しながら演じました。収録中無意識に力が入ってたんだと思います。台本をぎゅっと強く握り締めてたんでしょうね、指がつりそうでした(笑)この作品は宗教という概念をこえているなと感じました。人はどうやって生きていくのか、是非多くの方に観て欲しいです。

島本須美(ルリ王子の母)

ルリ王子の母の役を演じました。原作の「ブッダ」は小さい頃に読んだことがあるのですが、今回のストーリーに関しては、「はじめまして!」という感じで、台本頂いて新鮮な感じでスタジオに入らせて頂きました。他の共演者の方たちと和気あいあいとしながら収録できましたので、とてもいい作品になったのではと思います。もちろん仕上がりを観て感動をもう一度と思っています。是非お楽しみ下さい。

大友龍三郎(ヤタラ)

ちょっと乱暴者で手に負えないみんなの嫌われ者のヤタラを演じました。ちょっと自分が考えていたものとは違って、ちょっとかわいいところもある役で、ちょっと僕にとっては面白い役でした。最後はブッダー目覚める人にヤタラもきっとなると思います。私は普段は結構高い声なのですが、今回は低い声で演じなくてはならず、ちょっと難しかったです。人と同じように映画も出会いですから、この映画をみて、みんなも目覚めてくれると嬉しいです。是非観てください。

かかずゆみ(ヤショーダラ妃)

ヤショーダラ妃は高貴なお姫様です!(笑)台詞数が少ない分、出番前はドキドキでした。ヤショーダラの子供の名前が「ラーフラ」と言うのですが、第一声で「ラーララ(♪)」と言ってしまった私。一度崩れたおかげで?しっかりと演出の方とお話して演じることが出来ました。ブッダのお話はご存知の方も多いと思います。今回戴いた台本に目を通した段階で、私は涙を流してしまいました。心にぐっとくるお話です。知っている方も知らない方も、是非多くの方にご覧戴けたらと思います。

楠見尚己(ブブ大臣)

ブブ大臣を演じました。「ブッダ」はずいぶん昔に全巻読ませてもらったんですけど、映画になって改めて読ませていただきました。命の大切さ、生きること死ぬことなどの壮大なテーマを分かりやすく、温かく説明してくれている作品だと思います。本当に素敵な作品に参加させていただいて感謝です。是非皆さんも劇場でご覧下さい。

東條加那子(パジャーパティ妃)

パジャーパティを演じました。台本を頂いた時から、リハーサルを一人でしていて心を洗っていただいていたのですけれども、みなさんと一緒に楽しく収録して、とても素晴らしい作品に出来あがったと自信があります。豪華声優陣で素晴らしい作品に出来あがっていますのでどうぞみなさんお楽しみください。

超豪華俳優キャスト、声優キャスト、スタッフが贈る、後にブッダ―目覚めた人
になるシッダールタの終わりなき冒険の物語にご期待下さい。
トップへ
2013.10.28メイキング映像第3弾 制作過程公開!
メイキングの第3弾は、アニメの制作現場から!
キャラクターデザイン・背景・色指定と
制作のほんの一部ですがご紹介します。

『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』の
世界を少しでも感じでもらえたらと思います。

来年2月8日の公開をお楽しみに!
2013.10.24メイキング映像第2弾 監督インタビュー公開!
メイキング映像第2弾として
本作品の小村敏明監督のインタビューを公開。
本作を作っていく上での苦労や見所など
語ってくれています。
次回は10/28(月)に更新予定!

2013.10.21メイキング映像第1弾公開!
本作の制作現場からメイキング映像が届きました。
第1弾として、定例会議の一部を公開!
ここから作品が生まれていきます。

次回は10/24(木)に更新予定!

2013.10.19浜崎あゆみ 主題歌『Pray』が決定
ジャケット写真
『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』の主題歌に普遍的な人間愛を歌うアーティストとして、自らの作詞によって多くの人々の圧倒的な支持と共感を呼んできた浜崎あゆみが『Pray』を歌うことになった。
浜崎がアニメ映画の主題歌を担当するのは、2001年公開の『犬夜叉 時代(とき)を超える思い』以来12年ぶり。

本作の製作プロデューサーは、「シッダールタと行く先々で出会う人々との出会いを通じて描かれる物語に対して、普遍的な人間愛を歌っていただけるアーティストに主題歌をお願いしたいと考えていました。自らの作詞によって多くの人々の圧倒的な支持と共感を呼んできたトップアーティスト・浜崎あゆみさんが歌う <永遠の愛> と、求道者として冒険の途を進み、やがて世界に大いなる癒しを与えるシッダールタのコラボレーションは、作品により壮大な世界観を与えてくれると考え今回の決定に至りました。」と語る。
浜崎は、「今回のお話を頂くまで原作を読んだことがなかったので、原作全巻と台本を読ませて頂いてから作詞をしました。その独特の世界観に惹き込まれ、一気に最後まで読み切りました。私なりの歌で表現させて頂いたので、映画をご覧になる皆さんにも気に入って頂けるとうれしいです。」 とコメント。
出来あがったばかりの楽曲を聞いた森下孝三総合プロデューサーは、「壮大なメロディーと生命力あふれる力強い歌声に聞き惚れてしまいました。愛する人の幸せを祈った歌詞には、人々の幸せを願ったシッダールタの心情とリンクするものを感じずにはいられません。作品の世界観に、見事な彩りを与えていただけたと感謝しております。」 と絶賛の言葉を述べている。
シッダールタの答えを探す終わりなき旅を描いた物語に、吉永小百合をはじめとする豪華キャストの声の出演と、世界も認める映像に、浜崎の歌う主題歌がどのように彩りを添えるかご期待下さい!
トップへ
2013.10.14真木よう子 復讐と野心に燃える若き王子役に挑戦
キャスト写真
本作のボイスキャストとして、吉永小百合、吉岡秀隆、松山ケンイチ、観世清和(能楽観世流二十六世家元)、水樹奈々、笑い飯 哲夫の出演が発表されたのに引き続き、第35回モスクワ国際映画祭審査員特別賞を受賞した『さよなら渓谷』、さらに第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した『そして父になる』の出演で話題になっている真木よう子の出演が決定した!!
今回真木が初挑戦したのは、自らの出生問題でシャカ国、さらにはシッダールタに復讐を誓うコーサラ国の若きルリ王子。今まで韓国ドラマの吹き替えやTVアニメやアニメ映画の女性キャラクターでの声の出演はあったものの、本作で復讐に燃える若き王子役に初挑戦する。
真木自身いつかは少年役を演じてみたいと思っていたことと、監督を含む制作サイドも直接本人と話してみて、真木の声質が少年役に向いていると感じたことが今回のキャスティングの決め手となった。 収録を終えた真木は、「いつか少年の声の役をやってみたいという願望があり、今回は本当に待望と言ったらおかしいですけれど、すごく嬉しかったです。声優の仕事はあまり経験がないので、自信がなかったんですが、大好きな手塚治虫先生の原作という事で挑戦してみたいという気持ちがあって受けさせていただきました。ルリ王子は、自分の母親が奴隷だったということで、彼がしがみついていたものが権力でしかなく、だけれども本当は母親への愛情というものを誰にも言えずに、葛藤し続けても逃げ出さずに強く生きるところに魅力を感じました。」とコメント。
今回真木が初挑戦したのは、自らの出生問題でシャカ国、さらにはシッダールタに復讐を誓うコーサラ国の若きルリ王子。今まで韓国ドラマの吹き替えやTVアニメやアニメ映画の女性キャラクターでの声の出演はあったものの、本作で復讐と野望に燃える若き王子役に初挑戦する。
2013.08.28笑い飯 哲夫 声優初挑戦!!
キャスト写真

笑い飯と仏教??? 哲夫 強烈アピールで念願叶う
アニメ映画『BUDDHA2―終わりなき旅―』で声優初挑戦!!



「鉄腕アトム」、「ブラック・ジャック」などの数々の名作を世に残した手塚治虫。彼の独自の解釈で、後に目覚めた人―ブッダとなるシャカ国の王子シッダールタの生涯を10年の歳月をかけて描いた「ブッダ」。世界中の人々に読み継がれ、漫画のアカデミー賞ともいわれるアイズナ―賞最優秀国際作品部門を2度も受賞した不屈の名作をもとに、アニメーション映画化が決定。2011年に全3部作の第1弾『手塚治虫のブッダ ―赤い砂漠よ!美しく-』が公開した。
第1作目の公開を盛り上げるため、関西で行われた映画PRイベントに登壇したのが、笑い飯 哲夫。笑い飯と仏教?――と思うだろうが、芸人きっての“仏教フリーク”というのが起用の理由だった。
「幼少の頃月一回、実家にお坊さんが来て、般若心経を唱えてくれるのを聞いていて、たまにカッコいい言葉が出てくるなぁと思ったことがきっかけで興味を持ったんです。」という哲夫は、独学で仏教を研究し、毎朝の日課で写経をしたり、さらには般若心経解説本までだす程仏教をこよなく愛する芸人なのである。
1作目の映画PRイベントの際にここぞとばかり、「1作目はシッダールタが悟りを開くまでの話が中心。続編がある際は、悟りを開いたブッダ役の声優を僕にやらせてくれます?」とぐいぐいアピール。制作サイドも「2作目への出演に意欲的で、これだけ仏教に造詣が深い方なので、シッダールタ役は吉岡さんの続投がきまっていたので、ブラフマンの役が適任では」ということで哲夫に出演を依頼。シッダールタに進むべき道を導くブラフマンの役を勝ち取り、本作で声優初挑戦することが決定した。
「手塚先生の『ブッダ』は、高校の図書館に全巻揃ってたので読みましたよ。マンガを読んでいるという不良性を誇示しながら、実は仏教に興味深々だったんです。今回頂いたブラフマンが出てくるのはストーリーの中でも大事な場面なので、僕がしゃべった瞬間に映画館で失笑を頂かないように、ヘリウムガスを吸いながら録音できたらと思ってます」と芸人らしいい発言も飛び出した。「初めて映画の声のお仕事とを頂いたので、今から映画館に観にいくのが楽しみです」と語った。
そしていよいよ、現在制作中である本作の特別映像が、公式HPでも解禁!! 苦悩しながらも旅を続けるシッダールタの終わりなき冒険に是非ご期待下さい。
2013.08.18ボイスキャスト決定!
キャスト写真
「鉄腕アトム」、「ブラック・ジャック」などの数々の名作を世に残した手塚治虫。彼が独自の解釈で、後に目覚めた人―ブッダとなるシャカ国の王子シッダールタの生涯を10年の歳月をかけて描いた「ブッダ」。世界中の人々に読み継がれ、2004年、2005年に2度漫画のアカデミー賞といわれるアイズナ―賞最優秀国際作品部門を受賞した不屈の名作をもとに、アニメーション映画化が決定。2011年に全3部作の第1弾『手塚治虫のブッダ ―赤い砂漠よ!美しく-』が公開し、日本公開後、手塚治虫の世界的な人気と東映アニメーションによって制作された映像のクオリティの高さが評価され、アジア、ヨーロッパ圏を中心とする世界30カ国以上で上映が決定し、「ドラゴンボール」や「ONE PIECE」などのテレビやマーチャンダイジングと連動してない作品としては異例のセールスを記録している。
そして待望の第2弾『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』の公開が2014年2月8日(土)に決定。今年のカンヌ国際映画祭で、制作中にも関わらず、既に海外配給も決定するなど絶大なる支持を受けている本作は、 何不自由のない王子という身分を捨てたシッダールタと行く先々で出会った人々との物語が壮大なスケールで展開する。 第2作目のボイスキャストに前作に引き続き吉永小百合、吉岡秀隆、観世清和、水樹奈々の続投に加え、新たに松山ケンイチの参加が決定。手塚作品の大ファンで、特にコ―サラ国軍に母と姉を殺され復讐に心を燃やす盗賊タッタに思い入れがあり、この役を演じたいという熱いラブコールを1作目の公開前から送り続けてくれたことと、制作側も松山さんならタッタの難しいキャラクターを演じきってくれるだろうといことで出演が決定。
出演が決定した松山は、「ブッダはとても好きな作品で、特に思い入れがあるタッタをやらせて頂けることはとても光栄に思っています。少年時代の特殊な能力がなくなり、人間の性に翻弄される大人になったタッタをしっかりと演じ切りたいと思っています。」と出演への熱い思いを語った。彼が演じるタッタと、吉岡が演じる苦しみから逃れる答えを探す旅を続けるシッダールタ、観世演じるコーサラ国に奴隷の身分の女性を王妃として嫁がせたことで悲劇を起こしてしまうシャカ国の王・スッドーダナ王、水樹演じるシッダールタがかつて愛した女盗賊ミゲーラ。そして吉永が演じる天上人となりシッダールタの行く末を見守るマーヤー天。続投が決定した吉永は、「手塚治虫さんの大ファンの私はパート2が作られるのは大変うれしいです。ブッダの母の声で作品をよりわかりやすくみていただけるよう努めます。楽しみです。」とコメント。実写、アニメ映画において初共演の豪華キャスト陣が贈る壮大な物語『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』に是非ご期待下さい。
2013.08.18前作特別上映会へ、総勢160名様ご招待!!
公式ホームページオープン記念!!
前作特別上映会へ、総勢160名様ご招待!!


上映作品:「手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-」
(上映時間:111分 デジタル上映)
上映会協力: 公益財団法人 全日本仏教会
入場料: 無料

《東京会場》
場所:丸の内TOEI2
日時:8/25(日) 午前8:30開場 午前9:00開映
当日、先着100名様をご招待!!
ご鑑賞を希望される方は、当日劇場受付までお越しください。
なお、定員に達した場合は、ご入場いただけませんのでご了承ください。
● 本上映会は全席自由席となります。
● 2歳以下のお子様は保護者のお膝の上でのご鑑賞をお願いいたします。
● 場内での写真撮影、録音、録画は固くお断りいたします。

《名古屋・大阪・福岡会場》
<名古屋会場> 抽選で10組20名様ご招待
場所:109シネマズ名古屋 日時:8/29(木) 午後18:30開映
<大阪会場>  抽選で10組20名様ご招待
場所:梅田ブルク7   日時:8/29(木)  午後18:00開映
<福岡会場>  抽選で10組20名様ご招待
場所:T・ジョイ博多   日時:8/29(木) 午後18:00開映

【応募方法】 官製ハガキへ必要事項をご記入の上、下記宛先までご応募ください。
【応 募 先】 〒104-0031 東京都中央区京橋2-4-12㈱東映エージエンシー内 
「手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-」上映会事務局
【記入事項】1.希望の上映会場、2.住所、3.氏名、4.年齢・性別、5.電話番号を明記
【応募締切】2013年8月23日(金)
※当選者の発表は、招待状の発送をもって代えさせていただきます。
※ご応募いただいた個人情報は本上映会の抽選および招待状の発送以外に使用いたしません。

※本上映会は2011年に公開した「手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-」の上映会であり、「BUDDHA2」の上映会ではございません。
【本上映会に関する問合わせ先】 東映㈱映画営業部  ℡03-3535-7769
トップへ
2013.05.20カンヌ国際映画祭用特別映像解禁&2014年2月公開決定
BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―
2011年に第1部となる『手塚治虫のブッダ ―赤い砂漠よ!美しく-』の公開から2年。全3部作の待望の第2弾『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』の公開が2014年2月に決定しました。
公開に先立ち、開催中のカンヌ国際映画祭2013のためだけに作られた約9分間の特別映像がマーケット用のスクリーニングで上映。フランス、イギリス、イタリア、アメリカ、カナダ、韓国などの各国の配給に大好評で、完成前にも関わらずすでに台湾、香港、マカオの国での公開が決定するなど、今後の海外公開に幸先の良いスタートとなりました。

BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―
トップへ
ブッダ2 公式Twitter ブッダ2 公式Facebook